おおたわ史絵医師「私は打ちますよ」副反応が心配されるワクチン接種を断言

[ 2021年1月27日 17:32 ]

 内科医師で、テレビ番組のコメンテーターも務めるおおたわ史絵氏(56)が27日、自身のブログを更新。効果の一方で、副反応が心配される新型コロナウイルスのワクチン接種について「私は打ちますよ」と断言した。

 「COVID―19のワクチンには肯定派と否定派が分かれますよね」としたおおたわ氏は「私は打ちますよ」と断言。「アナフィラキシーの可能性はとても低いし、他に手段がないのなら、まずは打ってみなければわからない」とした上で「医師として、まずは接種してから患者さんに薦めなくてはいけないとも思うし」と率先してワクチン接種を受けるとした。

 そして「他の人が打った様子を見てから考えたい』というかたも多いでしょう。私が打った際はこのBlogで状況を報告しますのでそれを参考にしてください」とブログを締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月27日のニュース