博多華丸、NHK大河で西郷隆盛役「九州人として畏れ多い大役です」

[ 2021年1月27日 05:30 ]

お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸(C)NHK
Photo By 提供写真

 NHKは26日、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸(50)がNHK大河ドラマ「青天を衝け」(2月14日スタート、日曜後8・00)に西郷隆盛役で出演することを発表した。大河ドラマは2016年「真田丸」以来、2度目。「九州人として畏れ多い大役です。天国のばあちゃんに喜んでもらえるよう頑張ります」と意気込みを語った。

 華丸演じる西郷は一橋家に仕えることになった主人公・渋沢栄一(吉沢亮)と大阪で出会う。他の薩摩藩士たちが栄一に不審の目を向ける中、その力量をじっくりと見極める人物として描かれる。

 和宮役の深川麻衣(29)は初めての大河挑戦。後に栄一の上司となる大久保利通役は石丸幹二(55)。江戸の武具商・梅田慎之介役で登場する渡辺徹(59)は、01年「北条時宗」以来20年ぶりの出演となる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月27日のニュース