「日本全国ドラレコ旅」初のゴールデン!ずん飯尾がMEGUMIと3ルート巡る

[ 2021年1月27日 06:00 ]

テレビ大阪制作のテレビ東京系旅番組「日本全国ドラレコ旅」に出演のずん・飯尾和樹(左)とMEGUMI
Photo By 提供写真

 テレビ大阪制作のテレビ東京系旅番組「日本全国ドラレコ旅」(28日後6・25、全国ネット)の第4弾は、ずん・飯尾和樹(52)と、タレント・MEGUMI(39)が房総半島、群馬・伊香保と草津、箱根の3ルートを巡る。

 19年11月、20年5、9月に放送して、4回目の今回は初めてゴールデンタイムに登場する。飯尾とゲストが、ドライブレコーダーの高精細な映像を番組の縦軸として使用。まるでドライブしているような疑似体験ができる新感覚の旅番組だ。ドライブ中のナレーションは、現地に詳しい「カーナビ風」の機械音声で、少しクセのある情報で笑わせる。

 飯尾は「ものすごくリラックスして楽しませていただきました。1日では行けない距離を、映像だからこそたくさんの絶景などを楽しめて、とても満たされた収録でした」とニンマリ。MEGUMIは「千葉・房総の濃溝(のうみぞ)の滝。ものすごい景色でした。コロナが明けたら絶対行きます」とPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月27日のニュース