乙武氏 テレワークが普及しない原因の一端は国会議員にあり「7割やれの側がアナログでは…」

[ 2021年1月27日 22:32 ]

乙武洋匡氏
Photo By スポニチ

 作家の乙武洋匡氏(44)が27日、ABEMA「AbemaPrime」(水曜後9・00)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大によって政府が推進するテレワークの割合が2割程度にとどまっていることについて、原因の一端は国会議員にもあるという考えを述べた。

 コロナ禍で企業が地方へ移転したり、事務所が不要になることを話題にしたコーナーで、テレワークがなかなか進まないことについて「国会議員のコロナ対策会議なんて、めちゃくちゃ密じゃないですか。あれこそリモートでやれよと思う」と強調。テレワークを「7割やれって言っている側がアナログではなかなか進まないよなって思う」と述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月27日のニュース