優里「ドライフラワー」サブスク総再生回数1億回 史上3番目、13週目のスピード到達

[ 2021年1月27日 15:00 ]

「ドライフラワー」が男性ソロ歌手史上最速でサブスクリプションの総再生回数が1億回を突破した優里
Photo By 提供写真

 男性シンガー・ソングライター、優里(ゆうり、26)の「ドライフラワー」のサブスクリプション(定額聴き放題)の総再生回数が1億回に達したことが27日、分かった。

 ビルボード・ジャパンの集計によるもので、昨年10月のリリースから13週目での1億回突破はLiSAの「炎(ほむら)」の7週、BTSの「Dynamite」の11週に次ぐ史上3番目の早さ。男性ソロ歌手では史上最速となった。今年ブレーク必至と言われるメジャーデビュー5カ月の新人は「サブスク1億…。自分の曲がこんなにもたくさんの人に聴いてもらえていることにとても驚いています。『ドライフラワー』をこれからもたくさん聴いていただけるととても嬉しいです」と感激している。

 同曲は、失恋の喪失感を色あせても残るドライフラワーに例えたバラード。インディーズ時代の19年12月のに配信した失恋ソング「かくれんぼ」のアンサーソングとして発表した。「かくれんぼ」は男性目線、「ドライフラワー」は女性目線で一つの失恋物語が描かれ、両曲を行き来しながら聴く人が多い。

 両曲ともコロナ禍の中、TikTokなどのSNSで火が付き、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で優里が一発勝負の歌唱に挑戦したことで一気に拡散した。中毒性のあるハスキーボイスや甘いマスクも人気で、音楽界の台風の目となりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月27日のニュース