ワタナベマホトのアカウント停止 YouTube「コミュニティガイドラインに違反」

[ 2021年1月27日 10:31 ]

ユーチューバーのワタナベマホト
Photo By 提供写真

 未成年女性にわいせつ画像を送らせていたと告発され、所属事務所の契約を解除されたユーチューバー、ワタナベマホト(28)のYouTubeアカウントが停止された。

 動画を閲覧しようとすると「YouTube のコミュニティ ガイドラインに違反していたため、このアカウントを停止しました」と表示され、動画もすべて閲覧できない状態になっている。

 同ガイドラインでは攻撃的、差別的、中傷的な動画またはコメントを繰り返し投稿したり、悪質な嫌がらせ行為(搾取、スパム、ポルノ投稿など)を1度でも行ったりするほか、ポリシーに違反する行為(ヘイトスピーチ、ハラスメント、なりすましなど)を行っているチャンネルやアカウントを停止する場合があるとしている。

 ワタナベは22日、所属事務所のUUUMに契約を解除された。前日21日にユーチューバーのコレコレが、ワタナベが未成年女性にわいせつ画像を送らせていたと告発。本人が事実関係を認めたため、契約解除となった。

 同社は「インターネット上で発信された情報につきまして本人に確認しましたところ、おおむね内容を認めました」と報告。「許されない問題行為をとったと判断し、度重なる問題行為を理由に、本日をもってワタナベマホトとの契約を解除した」と明らかにした。

 コレコレはワタナベが昨年11月から今月まで、15歳の女子高校生にわいせつ画像を送らせていたと暴露。全裸で学生証を持った写真をはじめ、約30枚の画像を送らせていた。「バラしたら画像を晒(さら)すぞ」と脅すこともあった。高校生に対しては彼女がいることを明かしていたが「画像要求は浮気じゃない」と主張していたという。

 UUUMによれば、ワタナベは22日に警察署に事情説明と相談のために出向いたという。行為については、児童ポルノ法に抵触する可能性もある。

 元欅坂46で女優の今泉佑唯(22)と結婚することを21日に発表したが、高校生とのやりとりは、既に今泉が妊娠していた時期に行われていたもの。関係者によると、今泉は突然の事態に大きなショックを受けているという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月27日のニュース