仕事復帰の武田真治 コロナ後インフル感染…“筋トレ影響か”の声に「唱えている医師はいないと」

[ 2021年1月27日 08:55 ]

俳優の武田真治
Photo By スポニチ

 インフルエンザに感染していた俳優武田真治(48)が27日、自身のインスタグラムを更新。仕事復帰を報告した。

 インスタグラムでは「皆様、この度は大変ご迷惑とご心配をおかけしました。保健所の方々、医療従事者の方々のご尽力に心より感謝と敬意を表します。健康でいることがどれほどの奇跡か考えさせられました」とつづった。

 自身のYouTubeチャンネルではコロナ感染の経験を語った。筋肉体操などで知られる武田だけに、筋トレの影響があったのかと問われると「もともと風邪はひきやすかったかも。エゴサーチしたら、筋肉に裏切られた武田真治みたいなのがあって、自分でも面白かったんですけど…ただ、筋肉は(コロナなどを)引き寄せやすいのかと医師に聞いたら、今そういうことを唱えている医師はいないと言っていた。これから統計とか出てくるとは思うんですが。重症化しやすい人は疾患や持病がある人。医学的に証明されていないし、統計としては少ない。もしかしたら代謝がいいことでコロナをうまく取り込めてしまったのかもとしれない」と振り返った。

 妻でモデルの静まなみ(26)もコロナに罹患。「妻は結果的に3日遅れでコロナにかかったので。さらに僕は隔離が終わっても濃厚接触者になってしまうのかと」と不安だった心境を明かした。稽古場はマスク、出入りの検温、消毒も徹底していたというが「かかった僕が開き直るわけではないが、かかる時はかかる。一生懸命対策していてもかかってしまったので、なるときはなる」と話した。

 インスタグラムで「23日より東京芸術劇場でのミュージカル『パレード』の舞台に復帰しております。究極、代役を務めてくれた田川景一さん、本当にありがとうございました。またこれから気を引き締めて頑張っていきたいと思います」と記した。

 武田は2日に新型コロナウイルスの感染が判明し、14日に仕事復帰。「パレード」は武田ら複数の関係者のコロナ感染を受けて15日の開幕を延期。17日夜公演からスタートの予定だったが、武田は16日に発熱。医療機関でインフルエンザと診断された。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月27日のニュース