アンガ田中 コンビ結成のきっかけは山根のおねしょ 芸人になること告げた母は「膝から崩れ落ちた」

[ 2021年1月27日 16:22 ]

「アンガールズ」の田中卓志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志(44)が26日深夜放送のテレビ東京「チマタの噺」(火曜深夜0・12)にゲスト出演。アンガールズ誕生秘話について明かした。

 田中は名門・広島大を卒業後、お笑い芸人を目指して上京。「親に黙って芸人になってるんです。東京の大学院に行くって言って、川越に」と回顧。2年ぐらい経過し、母から「どうするの?」と進路を聞かれたというものの、「答えることがなくなって、電話出ないでいた」と田中。すると、母から「東京に来てるよ」との電話があり、息子の様子を見に東京まで来たことを告げられたという。

 当時住んでいた川越まで来てもらい、芸人をやっていることを話すと、「お母さん、泣きながら崩れ落ちたんです。人間が膝から崩れ落ちるのは初めて見て」と苦笑。「そこで、とんでもないことをしてたことに気付くんですよ」と振り返った。

 それでも、その頃は「お笑いの夢追ってんだから」と思っていたといい、「そのつらさとかもまったく感じてなかった」という。

 「(売れずに)30歳になったら(広島に)帰ろうと思ってた」と田中。その後、27歳で「ジャンガジャンガ」でブレーク。「結局、こうやってテレビに出るようになって、(母も)喜んで」と田中。母からは「お母さん、藤木直人に会いたいんじゃけど」と言われたといい、その後、日本テレビ「おしゃれイズム」にもゲスト出演。収録に、母も駆けつけ、「喜んでました。泣き崩れてたお母さんがと、グッときましたね」と笑った。

 一方、相方の山根良顕(44)も大学卒業後、上京。山根は親にも芸人になることを告げて、上京したというものの、一度はあきらめ、広島に帰郷。1年ほど地元で過ごしていたというが、ある日、こたつで寝ていたら、なぜかおねしょをしてしまったといい、「なんでおねしょしたかがわからなくて、おねしょがきっかけで上京してきたんです。そのおねしょがなかったらアンガールズ誕生してないんです。奇跡のおねしょです」とエピソードを明かし、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月27日のニュース