クロちゃん「借金すればいいんじゃない?親が」 仕送りめぐるクズ発言に出演者ドン引き「ありえない」

[ 2021年1月27日 11:18 ]

「安田大サーカス」のクロちゃん
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ、安田大サーカスのクロちゃん(44)が26日深夜放送のテレビ朝日「ネオバズ!!マッドマックスTV」(火曜深夜0・20)にVTR出演。両親からの仕送りをめぐって持論を展開させ、出演者をドン引きさせる一幕があった。

 番組では、「親からの仕送りを永遠にもらい続けるのはあり?なし?」をテーマに、クロちゃんと「2ちゃんねる」創設者の西村博之(ひろゆき)氏(44)が討論した。

 クロちゃんは「一番多いときで、月25万円もらってました。仕送りと言うか固定給ですけどね。20歳のときに2浪して短大に入って、そのときに一人暮らしをはじめたんで、20歳から42歳までもらってました」と仕送りの“歴史”を回想。「親は子どもに手がかからなくなると、亡くなったりする人が多い。長生きしてほしいから仕送りをもらっている」とした上で「あり派」を主張した。

 「給料をけっこうもらっている」とクロちゃんの妹が両親に進言したことから、42歳のときに仕送りがストップ。両親は「孫にお金を使いたい」と言っているそうだが、クロちゃんは「滞ってますけど、まだ打診してますからね。長生きしてほしいから、『お金を僕の方によこせ』って言ってますよ」「もう1回お金を持っていないふりをするのに今時間かかっている。『お金を持っているんだったら、もうあげたくない』みたいなこと言い始めたから、お金を持っていないっていうことを植え付けている状態」と再び仕送りをもらうために交渉していることを明かした。

 「長生きしてほしいから」という理由に疑問を持ったひろゆき氏からは「働くことでストレスや負荷がかかり寿命が縮む可能性はありませんか?」との指摘が。これにクロちゃんは「うちの親はリタイアしているので、年金からもらっているだけなんで大丈夫です」と平然。「仕送りを払うために親が生活費を減らすことになるのでは?」とツッコまれても「そこは努力してもらえばいい。努力することで頭も活性化する。切り詰めることでボケもしない。お金が無くなって困ることは、親は逆にプラスだと思います」と意見を曲げず、最終的には「借金すればいいんじゃないですか?親が」とまで発言していた。

 討論を終え、ひろゆき氏は「クロちゃん論がちゃんとしている。そこまで頭が悪いわけじゃなかった」と評価。一方で、クロちゃんのクズ発言の数々に、出演者らは「マッドマックスTV史上一番嫌な映像でした」「ひどいね、親を苦労させるって。ありえないよね」とドン引きだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月27日のニュース