サンドウィッチマン ゴールデン制覇王手!TBS深夜「バナナサンド」4月“引っ越し”

[ 2021年1月27日 05:30 ]

「サンドウィッチマン」の伊達みきお(左)と富澤たけし
Photo By スポニチ

 人気お笑いコンビの「バナナマン」と「サンドウィッチマン」が司会を務めるTBSの深夜のバラエティー「バナナサンド」(水曜後11・56)が、4月改編でゴールデンに進出する。火曜午後8時枠へ移動となり、昨年7月のレギュラー放送開始から9カ月でのスピード昇格。サンドは平日全ての曜日と土曜日のゴールデン帯(午後7~10時)でレギュラーを持つことになる。

 「バナナサンド」は司会の2組がゲストとともにさまざまな企画に挑戦するバラエティー。ゲストの素顔を引き出すトークが好評であるほか、2組が若手芸人ばりに体を張って笑わせる深夜番組らしさもあり人気を集めている。

 移動先の火曜は午後9時枠の人気バラエティー「マツコの知らない世界」が好調。続く10時の「恋はつづくよどこまでも」などを放送してきたドラマ枠も高視聴率を叩き出す作品が多い。同局関係者は「今回の改編で、8時枠からより強固な流れをつくりたい」と話している。また、コロナ禍で広告収入が激減する中「好感度の高いサンドが出演するとCMを取りやすい」(同局関係者)という営業面での利点もある。

 「アンチがいない芸人」といわれる好感度タレントのサンド。「タレントパワーランキング」(「日経エンタテインメント!」調べ)で19、20年と2年連続で1位と、テレビ番組に引っ張りだこだ。

 「バナナサンド」の昇格により、サンドのゴールデン帯のレギュラーはNHKの番組を含めて月~土曜で計8本。そのうち5本がMCと、制作側からの信頼も厚い。好感度はまだまだアップしそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月27日のニュース