大河「青天を衝け」 脚本の大森美香氏が主役・吉沢亮を絶賛「ずば抜けて力強い。地に足がついている」

[ 2021年1月27日 18:29 ]

吉沢亮(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の吉沢亮(26)が主演する2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(2月14日スタート、総合、日曜後8・00)のリモート会見が27日行われ、脚本家の大森美香氏が吉沢の演技を絶賛した。

 大河ドラマ60作目。大森氏は大ヒットした15年後期の連続テレビ小説「あさが来た」などで知られており、24年度上期に20年ぶりに刷新される1万円札の肖像になり、日本資本主義の父」と呼ばれた実業家・渋沢栄一(1840~1931)の生涯を描く。7月下旬にクランクインし、このほど第1話「栄一、目覚める」が完成。主人公・渋沢栄一が1864年に京で従兄・喜作(高良健吾)とともに徳川慶喜(草なぎ剛)に仕官を直訴するシーンや武蔵国・血洗島で藍玉づくりと養蚕を営む百姓の家で育った幼少期、徳川慶喜の幼少期が語られる。

 大森氏はあいさつで「ほっとしている。一度も現場に行っていないが第1話を見て(演出の)皆がいいなと思うものをお届けできていると自信を感じた。今だからこそ皆さんに見ていただきたい温かくて強い物語。大人から子どもまで、皆さんが楽しんでいただける大河ドラマになっている」と自信を見せた。

 主演の吉沢に関しては「1話の冒頭部分を見て、早く2話を見てみたいという気持ちになった。新しい吉沢さんを見られた。楽しみ。ずば抜けて力強い。写真とかを見ると素敵な人という感じだと思うがすごく地に足がついている」とべた褒め。同じく会見に出席していた吉沢は「うれしいし、安心した。大森先生の書いてくださる栄一が素晴らしいので楽しみながらやっている。最初は栄一はこういう人だとある程度決めごとを作って芝居をしていたが、大森先生の脚本は、ダサい部分だったり、信念から外れちゃう人間臭さとかを丁寧に描かれている。すごく栄一を魅力的にしてくれている」と喜んだ。

 また大森氏はドラマのポイントとなる徳川慶喜と渋沢栄一の関係性については「栄一は慶喜さんには一生かけて主君として立てていく。明治なってからも家計のことを見たりしていてずっと親交が続いていく。人間として嘘がないということが渋沢栄一に関して感じた魅力だったので、そこの部分は最後まで丁寧に描きたい」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月27日のニュース