広島 フランスアの悪送球からサヨナラ負け 佐々岡監督「1つのミスがこうなる」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4-5巨人 ( 2020年9月22日    東京D )

<巨・広14>9回2死一塁、一塁けん制悪送球するフランスア(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 広島は、土壇場の9回に松山の適時打で同点に追いついたが、その裏にフランスアがつかまった。

 2死一塁で、走者の若林を警戒してけん制悪送球。一気に三塁まで進塁を許し、その後吉川尚にサヨナラ打を許して、今季6度目のサヨナラ負けを喫した。

 8試合ぶりの失点となった守護神のフランスアに、佐々岡監督は「粘り強く追いついたのはよかったけど、けん制よね。ノーマークにはできないし、警戒するのは当然だけど、1つのミスがこうなってしまう」と反省を促した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース