日本ハム・清水 汚名返上の2号2ラン「何とかしたいという気持ちが強かった」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム5―1西武 ( 2020年9月22日    メットライフD )

<西・日>2回1死二塁、2ランを放つ清水(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 日本ハムの清水が今季2号2ランで2日前の悔しさを晴らした。2―0の2回1死二塁から西武・高橋光の初球、146キロ直球を左中間席へ会心の一発。「このところチームに迷惑をかけていたので、何とかしたいという気持ちが強かった。(上沢を)援護する追加点になってよかった」。

 20日のロッテ戦では1点リードの9回2死から痛恨の送球エラーで同点。試合は延長戦で敗れただけに、勝利を呼ぶ一発&好リードに胸をなで下ろしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース