広島・遠藤 失投で岡本に逆転被弾「もう少し厳しく投げられていたら」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4-5巨人 ( 2020年9月22日    東京D )

<巨・広14>5回2死三塁、岡本に2ランを打たれた遠藤はがっくり(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 広島・遠藤が思わずマウンド上でうずくまった。勝利投手の権利がかかる5回、2死三塁。岡本に対して攻めの投球を貫いたが、4球目の内角直球が甘く入り、逆転2ランを被弾。「最後の5回ですね。ホームランの前の(松原への)四球が余計だった。インコースを投げようと思ったが、もう少し厳しく投げられていたら」とうなだれた。

 3試合連続失点中だった初回を無失点で切り抜けたが、3回に先制点を献上。さらに長野の逆転弾でリードをもらいながらも、5回に痛打を浴びた。佐々岡監督は「攻めるのはいいのだが、(今日は)右打者のインコースに投げきれていなかった。(岡本に対しては)そこ(甘く)にいった」と苦言。菅野との投げ合いで得た経験を次こそいかしたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース