国学院大・ダンテ 代打で逆転の2点タイムリー「泳いでこすったけど、落ちてくれました」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

東都大学野球   国学院大4―3駒大 ( 2020年9月22日    神宮 )

<駒大・国学院大>8回2死一、三塁、代打・山本ダンテ武蔵は2点適時打(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 国学院大は7回に代打で登場した山本ダンテ武蔵(3年)が8回に左前に逆転の2点適時打を放ち、駒大を下した。「なんとかヒットを出すしかないと思った。泳いでこすったけど、落ちてくれました」と笑顔で振り返った。

 鳥山泰孝監督は「悪い時も元気を出して前向きにやってくれる。ダンテも含め代打陣が良い仕事をしてくれた」と称えた。

 ▼駒大・若林(プロ志望届を提出。2回に左越えへ一時逆転3ランも敗戦)本塁打はしっかり反応できた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース