×

西南大・霜上 リーグ戦デビュー!4回1失点と好投 初勝利はお預けも「今できることを全力で」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

九州六大学野球 秋季リーグ戦第1週2日目   西南大6―2九国大 ( 2020年9月22日    桧原 )

<西南大・九国大>九六デビューを飾った霜上
Photo By スポニチ

 九州六大学野球秋季リーグ戦は3試合が行われ、西南大は九国大に6―2で連勝した。昨春センバツに21世紀枠で出場した熊本西出身の霜上幸太郎投手(1年)が公式戦初登板初先発で4回1失点と好投。ほか、北九大、福岡大も連勝スタートを切った。

 勝利の瞬間をベンチで見届けた霜上は「調子は良くなかったですけど、要所で三振を取れたり、打ち取れたのが良かった」と笑みをこぼした。熊本西で昨春センバツに出場した右腕が公式戦初登板初先発で4回1失点と好投し、チームの連勝スタートに貢献した。

 東和樹監督から「ハートが強い」「真っすぐでファウルや空振りを取れる」と評価を受け、1年生ながら開幕2戦目の先発マウンドを託された。「緊張していた」と振り返ったが、130キロ台でも切れのある直球と変化球で打者に立ち向かっていった。1点リードの4回1死二塁では得意のカットボールで三振を奪い、後続も抑えた。手応えをつかんだ一方で「初回と4回の先頭への四球。そこがいつもの自分の投球ではなかった」と反省も忘れなかった。

 デビュー戦での大学初勝利とはならなかったが、「チームが勝ったのが一番。今できることを全力でやっていきたい」と誓った。東監督は「大事に育てていきたい。今日のピッチングは今後につながると思う」と期待を寄せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年9月23日のニュース