DeNA 3連敗で2カ月ぶり借金生活…石田が回またぎでつかまり3失点

[ 2020年9月23日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3―6阪神 ( 2020年9月22日    甲子園 )

<神・D>7回、3番手で登板した石田(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 DeNAは2試合連続で8回に勝ち越しを許して3連敗を喫し、7月29日以来の借金生活となった。

 7回から登板してわずか12球で3者凡退とした石田が、回またぎとなった8回につかまり3失点。ラミレス監督は「いい感じで7回を終えたし、甲子園で非常に良い結果(試合前まで3試合で防御率0・00)を残しているので」と託したが実らず、前日に続いて終盤に競り負けた。指揮官は「明日の試合に勝つことに集中していきたい」と同一カード3連敗を阻止し、9連戦の白星締めを誓った。

 ▼DeNA・ロペス(約1カ月ぶりに昇格即先発出場し日米通算2000試合出場)残念ながら負けてしまったが、達成できたことはうれしく思う。久しぶりに1軍でプレーして、安打も出たので良かったです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース