西武・光成 今季最短4回途中5失点KO「ズルズルいってしまった」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1―5日本ハム ( 2020年9月22日    メットライフD )

<西・日>初回2死二塁、中田(右)に先制の左越え2ランを打たれた高橋光(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武先発の高橋光が2回までに2本の2ランを被弾。今季最短の3回1/3、8安打5失点で7敗目を喫し「調子は悪くなかったが、先制点を与えてズルズルいってしまった」と悔やんだ。

 初回、中田に浴びた先制弾はカットボールが逆球となり、内角へ。「完全に失投で自分が悪い」と反省した。5試合連続クオリティースタート(6回以上、自責点3以内)を続けていたが、日本ハム戦は3戦3敗となった。

 ▽金子(西武)通算200盗塁 日本ハム16回戦(メットライフドーム)の3回に二盗で今季5個目を決めて達成。プロ野球78人目。初盗塁は13年4月16日のオリックス戦。

 ▼西武・金子 素直にうれしいです。盗塁は一人でできるものではないので、携わってくださった全ての方々に感謝したい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース