ロッテ・唐川 18試合目で今季初失点…浅村に勝ち越し2ラン被弾

[ 2020年9月23日 21:25 ]

パ・リーグ   ロッテ―楽天 ( 2020年9月23日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>7回裏、無死一塁から浅村は左中間に勝ち越し2ラン。唐川はついに失点(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 中継ぎの柱としてフル回転していたロッテ・唐川が、今季18試合目にして初めて失点した。

 3―3の7回に登板。先頭・鈴木大に中前打を許すと、前日3本塁打の浅村に右中間への勝ち越し2ランを浴びた。144キロの外角高めのカットボールを完璧にはじき返された。

 唐川はこの試合まで17試合に登板。17回を投げ無失点を続けていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース