レイズ・筒香 10打席ぶり安打!チームは接戦制し地区Vマジック1

[ 2020年9月23日 02:30 ]

インターリーグ   レイズ2―1メッツ ( 2020年9月21日    ニューヨーク )

8回に中前打を放つレイズの筒香(AP)
Photo By AP

 レイズの筒香が21日(日本時間22日)、メッツ戦に「1番・DH」で出場。昨季まで2年連続サイ・ヤング賞の右腕デグロムと初対決し3三振と完敗だった。初回は100マイル(約161キロ)の直球に振り遅れて3球三振。3回は92マイル(約148キロ)のチェンジアップに空を切り、5回にも直球で空振り三振に倒れた。

 しかし、8回に2番手右腕カストロから右前打。10打席ぶりの安打にホッとした表情を見せた。チームは接戦を制し、10年ぶりの地区優勝へマジック1。ケビン・キャッシュ監督は「勝ち続けて勢いを保たなければ」と気を引き締めた。(杉浦大介通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース