オリックス 左沢優投手がコロナ感染 1軍選手、関係者との濃厚接触なし

[ 2020年9月23日 23:16 ]

オリックス・左沢
Photo By スポニチ

 オリックスは23日、左沢優投手(25)が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。現役NPBの選手では開幕後、ソフトバンク・長谷川に続いて2人目。左沢は20日に体調不良を訴え、21日に大阪市内の病院で抗原検査と血液検査を受けて陰性だった。その日夜に体温も36・7度まで下がったものの、23日に念のため受けたPCR検査で陽性と判定された。現在、本人に症状はなく、24日から隔離され、療養に入る。

 1軍選手、関係者との濃厚接触者はいないため、24日のソフトバンク戦も通常通り、開催される。2軍の選手、関係者に関しては、22日に定期PCR検査を受けており、その結果が24日の午後に出るため、それまでは自宅待機となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース