ナ・リーグ東地区でブレーブスが3季連続優勝 西地区ではドジャースが7季連続V

[ 2020年9月23日 13:51 ]

3季連続で地区優勝を決めたブレーブスの選手たち(AP)
Photo By AP

 ナ・リーグ東地区で首位に立っていたブレーブスが22日、地元アトランタで同地区2位のマーリンズに11―1で快勝。今季成績を33勝22敗として、5試合を残して3季連続の地区優勝を決めた。

 60試合の短縮シーズンとなった今季に地区優勝を決めたのはア・リーグ西地区のアスレチックスに次いで2チーム目。マーリンズは28勝27敗となった。ただしブレーブスはプレーオフでは過去10回連続で敗退。今季は19年ぶりのシリーズ制覇がかかっている。またこのあとの試合でドジャースがアスレチックスに勝って39勝16敗。ナ・リーグ西地区で7季連続の優勝とプレーオフでの第1シードが確定した。

 なおダルビッシュ有投手(34)が所属する中地区首位のカブス(32勝23敗)とア・リーグ中地区3位のインディアンズ(31勝24敗)のプレーオフ進出も決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース