ソフトバンク・千賀 好投報われず5敗目…被弾を反省「ひと振りにやられてしまった」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク0―1オリックス ( 2020年9月22日    ペイペイD )

<ソ・オ>2回無死、吉田正にソロを浴びる千賀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの千賀は8回を5安打1失点、今季初の無四球で9三振を奪う好投だったが、吉田正に決勝ソロを含む3安打を浴び5敗目を喫した。「吉田選手に気持ち良く振られてしまっている。ひと振りにやられてしまった」。

 今季最多の1万9909人の観衆に応えられず。8回を3者連続三振で終えた内容に、工藤監督は「復調を物語っている。ナイス投球」と褒めたが、右腕は「負けるということは失点をしてしまっていること。その事実は受け止めないと」と硬い表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース