日本ハム リプレー検証で泣き笑い 併殺判定→リクエストで一塁セーフも…結局無得点

[ 2020年9月23日 21:17 ]

パ・リーグ   西武―日本ハム ( 2020年9月23日    メットライフドーム )

<西・日>ベンチの栗山監督(右)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 日本ハムがリプレー検証で泣き笑いだ。

 1点を追う日本ハムは7回無死一塁から、主砲・中田が三ゴロ。西武の三塁手・中村が下がり気味にさばき、二塁→一塁へ転送された。二塁、一塁とも際どいタイミングで判定は両方アウトで併殺となったが、栗山監督のリクエストでリプレー検証に。その結果、二塁はアウトのままで一塁はセーフに判定が覆った。中田の必死の走りで併殺を免れたが、後続が倒れて結局、この回は無得点に終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース