上原浩治氏 今季18試合目で初失点の唐川にエール&中継ぎへの“注目”願う

[ 2020年9月23日 22:44 ]

上原浩治氏
Photo By スポニチ

 巨人在籍時の昨年5月にシーズン途中で現役を引退した元メジャーリーガーの上原浩治氏(45)が23日、自身のツイッターを更新し、この日今季18試合目の登板で初失点したロッテの唐川侑己投手(31)にエールを送った。

 唐川は、今季17試合17イニング無失点だったが、この日の楽天戦で3―3の7回に登板し、浅村にバックスクリーンへ28号2ランを浴び、負け投手になった。

 上原氏は「ロッテ、唐川選手 今日まで防御率が0.00だったことが凄い!! また明日から切り替えて頑張ってください」とツイート。さらに「中継ぎがもっと注目されますように…」とつぶやいた。

 上原氏は「日米通算100勝100ホールド100セーブ」を達成。先発、中継ぎ、抑えの全てを知るだけに、中継ぎにもっと注目されることを願っている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース