中日・藤嶋 帽子間違うハプニングもピンチも切り抜ける

[ 2020年9月23日 19:37 ]

セ・リーグ   中日―ヤクルト ( 2020年9月23日    ナゴヤD )

<中・ヤ>昇竜ユニホームデーだが、通常時の帽子を被りマウンドに上がってしまった藤嶋(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・藤嶋がハプニングに見舞われた。

 今カード、選手たちは「昇竜ユニホーム」を着用してプレー。帽子も通常の「CD」のロゴが入ったものでなく「D」一文字の特別仕様だが、藤嶋は勘違いしたのか通常の「CD」ロゴの帽子を着用して、4回から3番手でマウンドへ。

 1死から西田を四球で歩かせると、阿波野投手コーチがマウンドへ駆け寄り、貸そうとしたのか帽子を脱ぎ、思わず高橋と阿部が笑いをこらえた。

 原球審に確認を取って問題がなかったとみられ、藤嶋はそのまま続投。冷静に太田を二ゴロ併殺に仕留め、ピンチもハプニングも切り抜けた。

 イニングをまたいだ藤嶋は、5回は「D」一文字の帽子に替えマウンドへ上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース