中日・藤嶋「気持ちが入りすぎて」帽子間違えた…投げてはきっちり2回無失点

[ 2020年9月23日 22:37 ]

セ・リーグ   中日11―5ヤクルト ( 2020年9月23日    ナゴヤD )

<中・ヤ>昇竜ユニホームデーだが、通常時の帽子を被りマウンドに上がってしまった藤嶋(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 勘違いするほど集中していた。

 中日の藤嶋が5―4と勝ち越した直後の4回から3番手で登板。1死から西田を四球で歩か、阿波野投手コーチがマウンドへ駆けつけると、集まった内野陣から笑みがこぼれた。

 今カードは「昇竜ユニホーム」で戦い、帽子も「D」一文字の特別仕様のものを着用するはずが、藤嶋1人だけ「CD」のロゴが入った通常の帽子だったからだ。

 「完全に勘違いでした。気持ちが入りすぎて、帽子を替えるのを忘れていました」と藤嶋。

 それでも慌てることなく太田を二ゴロ併殺に打ち取り、この回を無失点。

 イニングをまたいでマウンドに上がった5回は、きちんと「D」一文字の帽子にかぶりかえ、1番・浜田からの上位打線を三者凡退に封じ2回を無失点に抑え、流れを相手に渡さなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース