エンゼルス・大谷 2四球で2度生還もその後は2度空振り三振

[ 2020年9月23日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス8―5レンジャーズ ( 2020年9月21日    アナハイム )

4回、四球で出塁し、生還するエンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 「5番・DH」で出場したエンゼルスの大谷は最初の2打席で四球を選び、いずれも得点を記録した。だが、その後は2度の空振り三振。2戦連続無安打で打率は・193となった。

 チームは4回に一挙7得点。本拠地最終戦を逆転勝利で飾り、ジョー・マドン監督は「チームとして機能した」と称えた。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月23日のニュース