レッズ・秋山 メジャー初の2戦連続マルチ 「食らいつきながら立てた」

[ 2020年9月11日 02:30 ]

ナ・リーグ   レッズ3―0カブス ( 2020年9月9日    シカゴ )

<カブス・レッズ>初回、ダルビッシュから三遊間へ内野安打を放ったレッズ・秋山(AP)
Photo By AP

 レッズ・秋山はダルビッシュとメジャー2度目の対戦で2打数1安打だった。初回2死で95マイル(約153キロ)の内角直球を三遊間へ転がして内野安打。9回には通算347セーブのキンブレルから左前打を放ち、メジャー初の2試合連続マルチ安打をマークした。

 いずれも追い込まれてから結果を残し「粘りながらというか、食らいつきながら立てた」とコメント。9月は打率・353と調子が上向いてきた。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース