鬼門のハマスタで初勝利の中日・与田監督「疲れているところよく投げてくれた」救援陣ねぎらう

[ 2020年9月11日 21:52 ]

セ・リーグ   中日3―2DeNA ( 2020年9月11日    横浜 )

<D・中>4回無死二、三塁、阿部の中前2点適時打で生還した(左から)高橋、ビシエドを迎える与田監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 “鬼門”で節目の勝利を手にした。中日・与田監督はDeNAに逃げ切り勝ちし、監督通算100勝に到達。

 最後はR・マルティネスが1点差に迫られ、なおも2死一、二塁とピンチをつくりながらも逃げ切り「祖父江とマルティネスが3連投で、本当に体が疲れているところでよく投げてくれた」と踏ん張った救援陣をねぎらった。

 打線も初回にアルモンテが先制ソロを放つと、4回には阿部が2点適時打。ただ、9安打で3点という内容に「ホームランはリズムとして良かったのですが、反省するところもたくさんあった」と課題を指摘した。

 それでも投打の粘りで今季全敗していた横浜スタジアムで7戦目にして初勝利となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース