ロッテ・安田 9回一発サヨナラの絶好機で見逃し三振…連勝6でストップ

[ 2020年9月11日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ3-5日本ハム ( 2020年9月10日    ZOZOマリン )

<ロ・日>9回裏2死一、二塁でロッテ・安田が三振に倒れゲームセット(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテ・安田が天を仰いだ。2点を追う9回2死一、二塁と一発が出ればサヨナラの絶好機。若き4番はマルティネスの外角チェンジアップを見逃し三振を喫した。声を出しての応援が制限されている球場も「あ~っ」とため息に包まれた。

 3点を追う7回は無死満塁で安田への押し出し四球による1点のみ。そして9回も1死一、二塁で無得点と再三の好機を逃し、連勝は6でストップ。井口監督は「チャンスで打てなかったのでこういう展開になった」と淡々と振り返った。

 首位ソフトバンクとの優勝争いは続く。指揮官は「あと1本という形はできていた」と前を向いた。(君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース