ヤクルト7カード連続負け越し 高津監督、広島・森下に脱帽「1年生としては凄い」

[ 2020年9月11日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1ー2広島 ( 2020年9月10日    マツダ )

<広・ヤ>6回無死、ヤクルト・坂口は右越えのソロ本塁打を放ち一塁に向かう(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは広島の新人右腕の森下を打ち崩せず、7カード連続の負け越し。6回に先頭の坂口が内角高めの149キロ直球を右翼席に運ぶ8号ソロを放ったが、7回5安打1失点に抑えられた。高津監督は「(森下は)球種がたくさんあって、打者との駆け引きもできて(プロ)1年生としては凄い」と脱帽した。

 上半身のコンディション不良で3試合連続で欠場した青木については「(状態が)良ければいきたい」と11日の巨人戦で復帰する可能性を示唆した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース