ソフトバンク4連勝!先発ムーア、7回2失点9Kで今季2勝目 デスパイネが勝ち越し3号ソロ

[ 2020年9月11日 20:27 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4ー2西武 ( 2020年9月11日    ペイペイD )

ソフトバンク先発・ムーア(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは先発のムーアが7回3安打2失点9奪三振の力投で今季2勝目をマークし、チームは4連勝を飾った。

 ムーアは3回まで二塁を踏ませぬ好投。味方の援護もあり2―0で迎えた4回2死一塁からメヒアに9号同点2ランを浴びて追いつかれたが、直後にデスパイネの3号ソロでリードをもらうと5回以降は無安打で西武打線を抑えた。7回100球を投げて、3安打2失点で降板。この後は8回はモイネロ、9回は森が無失点で今季20セーブ目をマークして試合を締めた。

 打線は3回1死三塁で周東の右前適時打で先制に成功。出塁した周東は二盗、三盗を続けて成功させて再び1死三塁で中村晃の中犠飛で2点目を奪った。しかし4回に同点に追いつかれるとその裏、先頭デスパイネの3号ソロで勝ち越しに成功した。8回には2死三塁でデスパイネの右中間への適時二塁打でダメ押しの1点を加えた。

 西武は先発のニールが7回110球を投げて、7安打3失点で今季5敗目。打線も0―2と2点リードされて迎えた4回にメヒアの2ランで追いつくが、その裏に勝ち越されるとその後は1点も奪えずチームは2連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース