阪神・矢野監督「助かるよね」、完封・西勇に最敬礼

[ 2020年9月11日 21:56 ]

セ・リーグ   阪神4―0広島 ( 2020年9月11日    甲子園 )

<神・広>完封勝利の西勇輝を迎える矢野監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の矢野燿大監督(51)が今季チーム初の完封勝利を飾った西勇に最敬礼した。

 「助かるよね。連戦で、移動日でね。中継ぎが登板の多い選手がいるんで、そういうところでは最後までいってくれたのはすごく大きい」

 直前の横浜でのDeNA3連戦は終盤までもつれる展開が続いた。前日10日も勝ちパターンの岩貞、スアレスに回またぎさせるなど執念の6人継投で競り勝ったばかりだった。

 「(9回の続投も)何の迷いもないですし、西勇もいく気満々だったと思うので。あれだけテンポ良く投げてくれると、守りやすいのはもちろんある。バックにも声かけてくれたり、いつもマウンド上からチームを引っ張ろうとか、そういう意識を持ってやってくれるので」

 1勝以上の価値のある完封劇に最後まで絶賛の言葉を並べた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース