広島・菊池涼 決勝適時打で森下に白星プレゼント「ギアを入れて頑張っていた」

[ 2020年9月11日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2-1ヤクルト ( 2020年9月10日    マツダ )

<広・ヤ(11)>7回1死三塁、菊池涼は左翼線に勝ち越しの適時二塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の菊池涼が決勝点を叩き出した。

 同点の7回、代打・大盛が左中間二塁打で口火を切ると、1死三塁から菊池涼が3番手・マクガフのフォークを捉えて三塁線を破る勝ち越し適時二塁打。「森下がギアを入れて頑張っていたし、大盛がいい形で1死三塁にしてくれた。森下と大盛が気持ちを入れてくれた」とし、力投の森下に6勝目を贈る一打を喜んだ。

 競り勝ったチームは5カードぶりの勝ち越し。「今日の試合のように若い力も必要。みんなでカバーし合いながら一戦一戦」と力を込めた。

 ▼広島・大盛(7回先頭の代打でマクガフから左中間への二塁打を放ち、菊池涼の決勝打で生還)どんな形でもいいから塁に出ることだけを考えて打席に入った。直球にしっかり入っていけたことが良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース