DeNA・蝦名 “にんにくパンチ”で初安打バックスクリーン弾! ラミレス監督「アメージング!」

[ 2020年9月11日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA7―8阪神 ( 2020年9月10日    横浜 )

<D・神>4回1死、代打・蝦名が中越えソロ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 初めての「にんにくパンチ」をさく裂させた。DeNAのドラフト6位・蝦名が4回1死から代打で登場し、能見の直球を豪快なスイングでバックスクリーンへと突き刺した。プロ4打席目で放った初安打が初本塁打となり「なかなか結果を残せず苦しい思いをしていましたが、最高の結果になりうれしいです」と日焼けした顔をほころばせた。

 にんにく生産量第1位を誇る青森県出身。地元の黒にんにくを毎日食べパワーを蓄える。プロ入り後、ウエートトレーニングに励んで体重も3キロ増加。「特別なものを感じる」と期待を懸け続けたラミレス監督も「アメージング!」と称えた。

 ルーキーの一打に刺激を受けるかのように、球団19年ぶりの7戦連続2桁安打を達成したが乱打戦で一歩及ばず。連勝は3で止まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース