オリックス・近藤 トミー・ジョン手術 6月に実戦復帰も右肘良化せず

[ 2020年9月11日 05:30 ]

オリックスの近藤大亮投手
Photo By スポニチ

 オリックスは10日、近藤大亮投手(29)が横浜市内の病院で右肘内側側副靭帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けたと発表した。今後は1週間ほど入院し、患部の状態を確認しながらリハビリを開始する。

 昨季まで救援で3年連続50試合以上登板していたが、今春キャンプ中に右肘痛を発症。6月に一度、実戦復帰を果たしたものの状態が良化せず、ウエスタン・リーグでも2試合に投げただけで1軍登板はなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース