楽天 延長10回に茂木が逆転サヨナラ2ラン!2夜連続の“長い一戦”を制し連敗4でストップ

[ 2020年9月11日 23:17 ]

パ・リーグ   楽天5―4日本ハム ( 2020年9月11日    楽天生命パーク )

<楽・日>10回1死二塁、サヨナラとなる2ランを放ち手荒い祝福をうける茂木(中央)(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天は延長10回、茂木の7号逆転サヨナラ2ランにより5―4で日本ハムに勝利。2夜連続の降雨中断となる“長い一戦”を制し連敗を4でストップ。再び貯金を「1」とした。

 楽天先発の石橋は6回6安打2失点の好投。今季2勝目の権利を手にしてマウンドを降りたが、9回から登板したブセニッツが誤算。先頭の大田に安打を許し、杉谷の投犠打で1死二塁とされると代打・王柏融の初球がワイルドピッチとなり1死三塁。このピンチで王に同点の中前適時打を浴びた。この回から強くなってきた雨の影響から集中力を欠く投球となってしまった。

 試合は3―3のまま延長戦に入ると降雨により一時中断。楽天にとっては前日のソフトバンク戦に続く2夜連続の降雨中断となり、31分後に再開された10回2死一、三塁から浅間の打球を遊撃手・村林が悪送球。痛恨のミスから1点を勝ち越された。しかしその裏、1死二塁から茂木が右翼へ起死回生の7号逆転サヨナラ2ラン。疲労を吹き飛ばす劇的な幕切れでチームの連敗を止めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース