ロッテ・田村 右手人さし指骨折で抹消 9日に死球…井口監督「いるメンバーでやるしかない」

[ 2020年9月11日 05:30 ]

9日の日本ハム戦5回1死一塁、死球を受け痛がるロッテ・田村(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 9日の日本ハム戦で右手人さし指に死球を受けたロッテの田村が千葉県浦安市内の病院でのCT検査、エックス線検査で右手第2指末節骨剥離骨折と診断され、出場選手登録を抹消された。

 田村はここまで60試合で打率.210、3本塁打。首位争いの中、正捕手の離脱は痛いが、井口監督は「いるメンバーでやるしかない。本人(田村)もすぐ帰ってくると言っている」と早期復帰を期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース