中日・柳は6回途中1失点 7試合連続2桁安打のDeNA打線をわずか3安打に封じる

[ 2020年9月11日 20:10 ]

セ・リーグ   中日―DeNA ( 2020年9月11日    横浜 )

<D・中>力投する中日先発の柳(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 中日の先発・柳は5回2/3を3安打1失点。勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

 7試合連続2桁安打を記録しているDeNA打線を5回までわずか1安打。ところが、3―0の6回、蝦名に与えた四球をきっかけに1死二塁から戸柱に左前適時打を浴び、この試合初めての失点。続く梶谷にも二塁打を許し1死二、三塁と一打同点のピンチを招いた。

 それでも大和をフルカウントから内角低めのスライダーで見逃し三振に仕留め2死までこぎつけた。

 ここで谷元にバトンタッチ。後を継いだ救援右腕がソトを三ゴロに打ち取り、リードを死守した。

 柳は8月12日の広島戦で2勝目を挙げて以降、3試合続けて白星なし。この試合に向けて「必死に頑張ります」と意気込んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース