阪神 梅野が西勇と今季初のお立ち台「明日も、勝つばーい!」

[ 2020年9月11日 21:30 ]

セ・リーグ   阪神4―0広島 ( 2020年9月11日    甲子園 )

<神・広>お立ち台で「あしたも勝つバイ!」と叫ぶ梅野(右)と西勇輝(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・梅野が西勇とコンビで、今季初めてのお立ち台に立ち、最後は「勝つばい!」を披露した。

 ――西勇の完封について
 「9回行くっていうのも、1回のスタートからコントロール良く1人ずつ目の前の打者を、しっかり打ち取ることの積み重ねが、この9回の完封っていうところまできたので、本当にバッテリーで勝ち取ったなって思うゲームでした」

 ――初めての2番起用について
 「昨日の横浜の試合終わりに直接言われて、人生2番打ったことないんですけど、打席の中で目の前に近本がいて、ちょっと変な感じはしたんですけど、良い緊張感の中で、2番という役割を今日は果たせたのかなと思うので、引き続き気を引き締めて頑張りたいと思います」

 ――ファンのみなさんへメッセージを
 「最後に西さんみなさんと、一緒に勝つばいで終わりたいと思います。みなさん、このご時世ですので、声は控えめにお願いします。それではみなさん行きます。明日も、勝つばーい!」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース