エンゼルス・大谷 上から投げた! 右肘「屈筋回内筋痛」診断後初

[ 2020年9月11日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス3―7レンジャーズ ( 2020年9月9日    アーリントン )

試合前、上から軽めに返球した大谷(撮影・奥田秀樹通信員)
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷は初回に2試合連続安打となる右前打を放ったが、その後は好機を生かせなかった。

 1―0の3回1死満塁では右腕チャベスのスライダーに空振り三振。ここで追加点を奪えなかったチームは2―1の5回に5点を失って逆転負けを喫し、ジョー・マドン監督も「イライラした瞬間だった」と投手陣に苦言を呈した。

 また、大谷は試合前に「右肘付近の屈筋回内筋痛」と診断されて以降、初めて守備練習で上からスローイングを行った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月11日のニュース