楽天 痛恨の逆転負けも…内田の1号が光明

[ 2020年7月12日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4―8ソフトバンク ( 2020年7月11日    ほっと神戸 )

<ソ・楽>2回無死一、二塁、右越え本塁打を放った内田(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 楽天は4点差をひっくり返される痛恨の逆転負けで、今季初の2連敗を喫した。2回までに打線が4点を奪ったが、先発マウンドに上がった岸が5回4失点。中継ぎ陣も踏ん張れず、終盤に突き放された。

 敗戦の中で、先発出場した内田が1号3ランを放ったことが明るい材料で三木監督も「内田らしい良い打撃だった」と評価。就任後初めての連敗となったが「この世界はそんなに甘くないので、2つ負けたことを力に変えたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース