ヤクルト・小川 6回2失点でリーグトップの3勝目「修正して粘りながら投げられた」

[ 2020年7月12日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト9―4巨人 ( 2020年7月11日    ほっと神戸 )

<巨・ヤ>4回2死三塁、若林から三振を奪いピンチをしのぎ吠える小川(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの小川が6回2失点と好投し、リーグトップの3勝目。初回こそ岡本に2点二塁打を許すなど3安打を浴びて2点を失ったが、その後は安定した投球を披露し「修正して粘りながら投げられた」と手応えをにじませた。

 今季から取り入れた、左打者に対して外から曲げてストライクゾーンに入る「バックドア」を駆使。4回2死三塁では左打席の若林をバックドアで見逃し三振に仕留めた。昨季は自己ワーストの5勝12敗。エースが輝きを取り戻しつつある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース