西武・栗山 先制打に続き中押し3ラン、「与座と約束している」初勝利目指すサブマリン後押し

[ 2020年7月12日 15:18 ]

パ・リーグ   ロッテ―西武 ( 2020年7月12日    ZOZOマリン )

<ロ・西>3回2死二、三塁から左越え3ランを放つ栗山(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 西武は3―2の3回2死二、三塁で、6番の栗山がロッテ先発・フローレスの145キロのツーシームを、左翼ホームランラグーン席に飛び込む貴重な追加点となる中押し3ラン。先制打のときに「与座と約束しているんで。先に点を取って中押しするってね」と話していたベテランが、有言実行で後輩のサブマリンを援護している。

 試合は3回表終了で6―2。3ラン後には栗山は「宣言通り?まあどんな状況でもしっかり援護したいと思っています。手応えは、何とか抜けてくれと思って見ていました」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース