白血病と闘う北別府さん「多分生涯忘れることができないほど感慨深い誕生日」退院翌日、自宅で63歳に

[ 2020年7月12日 21:45 ]

北別府学氏
Photo By スポニチ

 広島のエースとして通算213勝を挙げ、1月に公表した成人T細胞白血病治療のため5月19日に息子をドナーとする骨髄移植を受け、今月11日に退院した北別府学さん(63)が12日、自身のブログを更新。改めて退院を報告して感謝した。

 北別府さんは退院翌日のこの日が63歳の誕生日。「生涯忘れない誕生日」のタイトルでブログを更新すると「本日我が家で迎えることができました」と改めて報告し「多分生涯忘れることができないほど感慨深い誕生日」と続けた。

 そして、ファンや関係者から届いた花や千羽鶴などお見舞いの品々の写真を掲載。「昨日から皆様に心に染みる言葉を頂き感謝しています。ツイッター、ブログ、様々な所で目にするたびに喜びが増しています」と感謝の言葉をつづった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース