京都・乙訓 猛打で圧勝、消防士目指す味田主将が2安打2盗塁

[ 2020年7月12日 19:29 ]

夏季京都府高等学校野球ブロック大会    乙訓10―0西乙訓 ( 2020年7月12日    わかさスタジアム京都 )

<乙訓西・乙訓>取材陣の質問に答える乙訓・味田陽晴主将
Photo By スポニチ

 乙訓打線が猛打で圧勝した。2回無死二、三塁から犠飛で先制。その後も効果的に安打を重ねて、この回からの3イニングで10得点した。

 味田陽晴主将(3年)は「2番右翼」で先発出場し、2安打2盗塁。「勝っても3つまでしかない」と話した上で今大会にかける思いを語った。

 「相手がどこであろうと、今までやってきたことを全部出そうと話していたので、今日は形としては良かった」

 3年生部員はマネジャーを含め全36人。試合ごとにメンバーを入れ替えながら総力で戦っていく。この日は15人の3年生が出場し勝利をもぎ取った。市川靖久監督は「今日はいろんな選手が出せた。今まで頑張ってきた選手達が活躍してくれてうれしかった」と最上級生を称えた。

 味田主将は高校で野球を引退し、消防士を目指すという。最後の夏。全員の思いを1つにまとめ、戦い抜く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース