巨人 同点と思われたが…リクエストの結果危険スライディングの判定で得点ならず

[ 2020年7月12日 20:59 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2020年7月12日    ほっと神戸 )

<巨・ヤ>6回1死一、三塁、炭谷の遊ゴロで二塁に滑り込み、山田(下)を倒してパーラ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は1点を追う6回、ヤクルトの2番手・藤岡を攻め、先頭の亀井が四球、1死からパーラが右前打の一、三塁で炭谷の遊ゴロ間に三塁走者が生還。追いついたと思われたが、リクエストの結果、一塁走者・パーラのスライディングが守備妨害となり、併殺となって無得点となる一幕があった。

 炭谷の遊撃への打球を捕ったエスコバーが、二塁ベースに入った山田哲へ送球。しかし、スライディングしたパーラと交錯し倒れたため一塁へ送球できず。その間に三塁走者の亀井がホームを踏んだ。

 しかし、ヤクルトの高津監督がリクエストを要求。検証の結果、危険なスライディングと判定されて打者の炭谷もアウトとなり併殺に。得点は取り消され、パーラには警告が与えられた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース