ロッテ・安田が同点適時打 4戦ぶり打点「早い回で追いつくことができてよかった」

[ 2020年7月12日 15:08 ]

パ・リーグ   ロッテ―西武 ( 2020年7月12日    ZOZOマリン )

<ロ・西>2回裏1死一、二塁から同点中前打の安田(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテの3年目大砲候補・安田が1点を追う2回1死一、二塁で中前に同点打を放った。

 「真っすぐ系を待っていました。早い回で追いつくことができてよかった」

 2ボール1ストライクから与座の124キロの直球を捉えた。安田が打点を挙げるのは今季1号2ランを記録した7日の同戦(ZOZOマリン)以来、4試合ぶり。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース