阪神・球児 悪夢再び…失意の被弾「みんなが頑張っていた。本当に申し訳ない」

[ 2020年7月12日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―4DeNA ( 2020年7月11日    甲子園 )

<神・D>9回表終了後、藤川(左)を出迎える西勇(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 聞きたくなかった快音と悲鳴が最終回の本拠地で交差した。阪神・藤川がまさかの3失点。悪夢のような逆転敗戦で、手中にしかけた5連勝は消えた。

 1点優勢の9回。ボーアの一撃、西勇の白星、そして、観衆4943人の期待。それらすべてを背負って上がったマウンドだった。大和の中飛で1死を取った後、歯車が狂い始めた。梶谷に四球を与え、続く桑原の中前打を、この回から中堅に就いていた植田が後逸。一塁走者の梶谷に一気の生還を許し、追いつかれた。

 傾いた流れは百戦錬磨の39歳でも引き戻せない。1死一塁からソトには145キロの直球を完璧に捉えられ、左中間へ決勝被弾。失意の守護神は肩を落としたまま降板し、ベンチでもぼう然自失の表情を浮かべた。

 「西や、みんなが頑張ってゲームを作ってくれていたのに、こういう形になり本当に申し訳ないです」

 預かったバトンの重さをかみしめるように言葉を絞り出した。9日の巨人戦で今季2セーブ目を挙げた一方、開幕から状態が上がってこない。登板した5試合のうち無失点で終えたのは一度だけ。精彩を欠く防御率15・75は無敵を誇った“火の玉”には似合わない。日米通算250セーブへのカウントダウンも残り5で止まったままだ。

 矢野監督は2軍での再調整や配置転換については明言を避けた。「今すぐどうこう決められる…、終わったばかりなんで考えられない」。一方で変わらぬ信頼を寄せ、本人の苦悩も思いやった。「現状、(守護神は)俺の中で決めているわけだし。その中で、投げていく中で良くなっていってくれたらなというところで。いろんな経験の中で慎重になり過ぎる部分もあると思う」。猛虎の浮上には藤川の復調は欠かせず、指揮官を悩ませる重い黒星になった。(遠藤 礼)

 ◆阪神・藤川の今季の失点内容

 ▽6月23日ヤクルト戦 4―0の9回、セーブのつかない場面で今季初登板。2死無走者から青木、村上に長短打を浴び、1回1失点。

 ▽同25日ヤクルト戦 1―0の9回、四球と安打で2死一、二塁とされ、代打・西浦に逆転サヨナラ3ランを被弾。

 ▽7月9日巨人戦 2―0の9回、2死一、三塁から代打・亀井に適時打を許し、1点差に迫られたが、今季2セーブ目。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月12日のニュース